鑑定書と鑑別書の違い

宝石を買うと、
大抵、鑑定書や鑑別書がついてきますが
その違い、知ってますか?

鑑定書は、ダイヤモンドだけに付いてくる書類です。
これはアメリカのGIAが考案した鑑定指針の「4C」と言う、
ダイヤモンドの情報が記載されています。
4Cとは、カラットのC、カラーのC、クラリティのC、カットのCで、
重さ、色、透明度、形状のこと。

鑑別書は、ダイヤモンドを含む宝石を買った時に付いてくる書類で
その宝石が、天然のものか人工のものかどうかの情報や
石の大きさなどといった、客観的に判る情報が記載されています。

ここで注意しておきたいのは、この2つの書類は
あくまでも宝石の情報であって、
宝石の値段を決めるものではない、ということ。

その上、書類は民間会社が作っているため
信用性や鑑定結果には、ばらつきがあります。
ですから、どこの機関が発行した書類なのか?
ということが重要なんです。

ちなみに、世界的に信用度が高いとされているのは、
アメリカのGIAです。

もし宝石を買う予定があるなら
書類の出所に、注意して下さいね。


[wpdm_file id=30]