顎関節症

口を開けると痛い。
口を開けると、音がする

もし、そんな症状があるなら、顎関節症かもしれません。

顎関節症は、顎への負担の大きい癖が要因になることが多いとされています。
例えば、頬杖をつく癖や、歯ぎしり。

治療法は、マウスピースを装着して、顎への負担を減らす方法などがありますが
一番大切なのは、生活習慣の見直しです。

というのも、
歯ぎしりをしてしまう人は、それを治さなければ、顎への負担が減りません。
しかし気にしすぎると、かえってそれがストレスになって、
悪化する可能性もあり、要注意です。

特に、歯ぎしりの癖は、ストレスが要因になっている事が多く、
「顎への気遣いをしてあげる」と言った、軽い気持ちでいると良いでしょう。

顎は、一生使う大切な骨。

いたわって上げましょうね。


[wpdm_file id=40]