鏡の歴史は、水鏡から始まります。

水面に映った「自分」という存在に気付いて、
人間は、進化を続けてきました。
しかし、いつまで進化し続けるのか。

それは、もの言わぬ鏡に映る、人間次第なのです。


[wpdm_file id=44]