ハインリッヒの法則

1対29対300
これは、何の比率か判りますか?

1つの重大事故の背景には、
29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が存在する。
そう、これは「ハインリッヒの法則」という
労働災害の統計から導き出された経験則です。

事故やミスは、必ず起こります。
それを大事故にしないために、
情報を集め、共有し、予兆を見逃さないようにしましょう。

[wpdm_file id=20]