鏡開き

1月11日は、鏡開きの日。
年神さまにお供えしていたお持ちを下げて
雑煮やしるこにして食べることで、家族の円満を祈る日です。

でも、お供えしていたお餅はかなり固くなっているので割るのは大変。
でも、包丁などの「刃物」で切るのは止めて下さいね。

というのも、鏡開きの風習は
武家社会の時代に武士が行っていた行事で
刃物でお餅を切る事が、切腹を思わせ、縁起が良くないとされたようです。
それに、お餅には年神さまの御霊が宿っているとも言われているので
刃物で切るのは、良いとは思えませんよね。

毎年、固いお餅と格闘するのは大変ですが
これも日本の大切な伝統行事。
末永く伝え、守りたいものです。


[wpdm_file id=33]