朱肉

何気なく使っている朱肉。
でも、同じ赤色のスタンプインクでは何故駄目なのか、
疑問に思った事はありませんか?

実は、朱肉の成分には水銀と硫黄が含まれており、
長い年月が経っても、褪色しない特性があります。
一方スタンプインクは、滲んだり、変色したりと
長期保存には向かない、水性のものが主流でした。

しかし現在は、保存に強いタイプの水性と油性のスタンプインクが多数登場し
その状況も、変わりつつあります。

とは言え、公文書等の重要書類には、
法律上、朱肉でなければならない場合もあり、
捺印する時には、朱肉を使うのが賢明なようです。

[wpdm_file id=11]