たくさんのお守り

受験のお守りに安産のお守り、交通安全、縁結び。

お守りの種類は沢山あります。ご利益を頂きたいと、全て持つと、大変な数になりますよね。でも、一度に沢山持っても、大丈夫なんでしょうか?

日本は、神道に根ざした宗教観を持つ国です。

神道とは、森羅万象、万物に神が宿り、八百万の神様が居らっしゃる、 という多神教の考え方。日本神話として伝わっている、太陽を象徴する神様、天照大神(あまてらすおおみかみ)や 八岐大蛇を倒した須佐之男命(すさのおのみこと)は、特に有名ですよね。でも神様はそれだけにとどまらず、月の神様や水の神様、台所の神様にお手洗いの神様、果ては貧乏の神様も居るというのだから、本当に大変な数になります。そんなに大勢の神様が居るのですから、他の神様に怒る事はないだろうとされています。

とは言え、神道の神様は、 粗末に扱うと「祟ることもある」とされているので、 お守りは、ちゃんと大切にしてくださいね。

http://www.voxtao.com/sample-na/omamori.mp3